Information 2018.10  




10月20日情報
本日午後2時からの官邸前行動です。

---------- Forwarded message ---------

【拡散希望】
★・。☆・。★・。☆・。★・。☆・。★・。☆・。★・。☆

 本日10/20午後2時
 【ふざけるな!安倍政権 緊急官邸前抗議行動】

★・。☆・。★・。☆・。★・。☆・。★・。☆・。★・。☆

【ふざけるな!安倍政権 緊急官邸前抗議行動】

10月20日(土)午後2時から
首相官邸前 地下鉄丸の内線「国会議事堂前駅」下車

呼びかけ:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
連絡先 :沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
    (TEL:090-3910-4140)
協  賛:辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会

<アピール> 政府・防衛省は17日、沖縄県が決定した「辺野古埋立承認の撤回」について、国土交通大臣に対し行政不服審査を請求するとともに、撤回の効力を止める執行停止を申し立てました。
 しかしこれは、「沖縄の人々に寄り添う」と言いながら、沖縄の人々の意思を踏みにじる全く許せない行為です。先の知事選挙では、辺野古新基地建設反対を明確に掲げた玉城デニーさんが圧倒的多数で当選しました。はっきりと示された沖縄の民意 を政府は何だと思っているのでしょうか?
ふざけるんじゃないよ!
 今回の申し立ては法律の主旨を逸脱した不当な行為です。「行政不服審査請求」は本来、行政の不当で違法な行為に対して主権者たる国民が不服を申し立てる権利であり、防衛省が「私人」になりすまし、同じ内閣の省庁に申し立てることは茶番でしかありません。3年前にも防衛省は、県の「埋め立て承認取り消 し」に対し同じことをやり、厳しく批判されたばかりです。
その愚挙を再び行うのは、いかに政府が追い詰められているかの証しです。
 安倍政権のなりふり構わない暴挙を許さず、辺野古埋立工事を断念すること強く求めていきましょう。


10月19日情報
昨日は標題の院内集会を行い、広く賛同を呼びかけることになりました。
どうぞご賛同ください。
集会報告は添付の新聞記事もご覧ください。

---------- Forwarded message ---------

宗教者ネットの皆様

標記の件、ご賛同をお願い申し上げます。

昨日18日、この共同声明の発表集会には、40名余りの方が出席され、マスコミ取材も、東京新聞、しんぶん赤旗他数社あり、盛況のうちに集会を終えることができました。
(しんぶん赤旗には、本日19日付で掲載)

賛同用紙の返信は、メール、ファックス、郵送いずれでも結構です。以上よろしくお願いします。合掌

 武田隆雄 拝

「平和をつくり出す宗教者ネット」事務局
〒150-0045 渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内
TEL 03-3461-9363
FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com
*添付資料
 声明文 署名用紙 呼びかけ人名簿



10月17日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

<2018年10月メール通信> BCC送信
 
 『麻生大臣辞任を要求する署名運動、始めます』

    2018年10月9日(火)
          池住義憲
 10月9日(火)より、麻生太郎財務大臣の辞任を求める署名運動を始めます。「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」が主催で、全国の多くの皆さんに呼びかけています。
 第4次安倍改造内閣で留任した麻生財務大臣、無責任きわまりありません! つい先日(5日)も麻生大臣は、国会で数々の虚偽答弁をし公文書改ざん問題に関与した佐川宣寿元国税庁長官を、「極めて有能だった」「人事については間違いなかった」と述べました。
 私たち「市民の会」は、こうした麻生氏の傲慢な言動、並びに彼を留任させた安倍首相の国政担当能力に疑問と批判を抱いている多くの市民の方々に広く呼びかけて、以下の通り、麻生大臣の辞任を求める「署名運動」を始めます。みなさん、是非ご協力ください!

   ◇◇麻生大臣辞任要求 署名運動◇◇

 【期間】2018年10月9日(火)~11月7日(水)  *11/7を第一次集約日とします
 【方法】
 <ネット署名の場合> http://bit.ly/2IFNx0A をクリックして記入し、「送信」を押してください(よかったらメッセージも!)
 <郵送の場合> ①署名用紙はhttp://bit.ly/2ygbmHe からダウンロードできます
            ②記入後、下記まで郵送ください
             〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留
                   視聴者コミュニティ 渡邉力 宛
*この件に関する問い合わせは:
yurusazu-aso@yahoo.co.jp(森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会)
  又はikezumi@btb.biglobe.ne.jp(池住宛)まで
*なお、11月11日(日)13:00から「財務省前行動&デモ」を行います。
 財務省前で待っています!(詳細は添付チラシをご覧ください)
(以下、署名用紙全文)
---------------------------------------
         2018年10月9日

財務大臣 麻生太郎 様

無責任きわまりない麻生太郎氏の財務大臣留任に抗議し、即刻辞任を求めます!

         森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
 10月2日に発足した第4次安倍改造内閣で麻生太郎氏が財務大臣に留任しました。しかし、第3次安倍内閣当時、財務省では、佐川宣寿氏が理財局長当時の国会での数々の虚偽答弁、公文書改ざんへの関与の責任をとって国税庁長官の辞任に追い込まれました。また、福田淳一氏は女性記者への破廉恥なセクハラ発言を告発され、事務次官の辞職に追い込まれました。いずれも麻生氏が任命権者の人事でした。
 しかし、麻生氏は厳しい世論の批判にも居直りを続け、事態を放置しました。それどころか、森友学園への国有地の破格の安値売却について、録音データなど動かぬ証拠を突きつけられても、なお、「処分は適正になされた」「私は報道より部下を信じる」と強弁し続けました。福田次官のセクハラ行為については、辞任が認められた後も「はめられたという意見もある」などと暴言を吐きました。
 なによりも、第3次安倍内閣当時、財務省では公文書の隠蔽、決裁文書の改ざんという前代未聞の悪質きわまりない国民への背信行為が発覚しましたが、それでも麻生氏は、会見の場で記者を見下す不真面目で下品下劣としか言いようがない答弁を繰り返しました。こうした経歴の麻生氏が私たちの税金を預かり、税金の使い道を采配する財務省のトップに居座ることに、私たちと大多数の国民は、もはや我慢の限界を超えています。
 麻生氏を留任させた安倍首相の任命責任が問われるのは当然のことですが、任命権者の意向以前に私たちは、麻生氏自身が自らの意思で進退を判断されるべきだと考え、次のことを申し入れます。

      ◆申し入れ◆
「麻生太郎氏は財務省をめぐる数々の背任、国民に対する背信の責任をとって
 直ちに財務大臣を辞任すること」
以上

<呼びかけ人> *五十音順
池住義憲(元立教大学大学院特任教授
笹井明子(老人党リアルグループ「護憲+」管理人)
佐々木江利子(児童文学作家)
杉浦ひとみ(弁護士)
武井由起子(弁護士)
醍醐聰(東京大学名誉教授)
根本仁(元NHKディレクター)
湯山哲守(元京都大学教員・NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ)
渡辺眞知子(キリスト者政治連盟)



10月17日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

第128回市民憲法講座
改めて実感するジェンダーギャップ指数114位の日本
-医学部入試差別や政治家 の暴言などを通して

お話:宮子あずさ さん
(看護師・著述業)

安倍政権は「女性が輝く社会」などを政策のキーワードに掲げています。
しかし財務省官僚によるセクシャルハラスメントやそれをかばう政治家の発言、東京医科大学における女子受験者の一律減点問題、LGBTに対するバッシングなど、日本社会にはまだ厳然として女性やマイノリティへの差別が存在していることが露わになっています。
「#Me Too」に見られるように女性が声を上げる運動が世界的に広がっている中、私たちはどのようにして日本社会を変えていくのかをともに考えたいと思います。

日時:2018年10月20日(土) 18:30開始
場所:文京区民センター2階A会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
参加費:800円
主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668
http://web-saiyuki.net/kenpoh/

※今後の講座予定※( いずれも18:30開始)

第129回 ●11月17日(土) 
「五日市憲法から考える今日の憲法問題(仮題)」
お話:新井勝紘さん
場所:文京シビックホール スカイホール

第130回 ●12月15日(土) 
「北東アジアの非核兵器地帯構想と核兵器禁止条約」
お話:川崎哲さん
場所:文京区民センター2階A会議室



10月17日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

頌主

いつもお世話になります。
先週開催されました日本キリスト改革派教会の定期大会で「天皇代替わりの諸行事に関して政教分離と国民主権の原則を厳守するよう求める声明」を採択しましたので、声明文を送ります。

日本キリスト改革派教会
大会 宣教と社会問題に関する委員会
委員長 弓矢健児



10月17日情報
明日の集会案内を含め、今月の集会予定をまとめたものをお送りいたします。
添付をご利用ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎10月18日(木)14:00〜15:30 衆議院第2議員会館 第8会議室
柴山大臣「教育勅語」発言の撤回と辞任を求める宗教者共同声明 発表集会
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット   
◎10月19日(金)18:30〜19:30 衆議院第2議員会館前
安倍9条改憲 NO!辺野古新基地建設は断念を!安倍政権退陣!10.19行動
共催:総がかり行動実行委員会、安倍9条改憲 NO!全国市民アクション
◎10月24日(水)12:00~13:00 衆議院第2議員会館前
自民党改憲案国会提出反対!辺野古新基地建設は断念を!共謀罪法廃止!   10・24臨時国会開会日行動
    共催:総がかり行動実行委員会/安倍9条改憲 NO!全国市民アクション
       /共謀罪NO!実行委員会
◎11月3日(土)14:00~15:30 国会正門前
  「止めよう!改憲発議-この憲法で未来をつくる 11・3国会前大行動-」      ウソだらけの安倍政治を変えよう!辺野古新基地建設を止めよう!
呼びかけ:総がかり行動実行委員会

◎11月8日(木) 14:00〜15:30 参議院議員会館B103会議室
毎月の宗教者の院内集会
「宗教と政治」講演会 元公明党副委員長 二見伸明さん      共催:宗教者九条の和・平和をつくり出す宗教者ネット
※ 集会後、参議院議員会館で祈念行動
   ・ 第179回宗教者ネットの毎月の集会です。15年目に入っています。
・ 宗教者ネットの毎月の内閣総理大臣宛の署名提出にご協力ください。
(10月 142筆・総計 118,768筆)
               以上 平和をつくり出す宗教者ネット事務局

◎10月22日(月)18:00~19:00  永田町首相官邸前
首相官邸前でゴスペルを歌う会  呼びかけ:キリスト者平和ネット
    ◆沖縄の普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議を続けているキリスト者
     に連帯して毎月第4月曜日に行っています。
     今後の予定:11月26日、12月24日 同時刻



10月17日情報

標記の件、ご案内申し上げます。
ご参加をお願いいたします。合掌

柴山大臣「教育勅語」発言の撤回と辞任を求める
   宗教者共同声明 発表集会

10月18日(木)14:00〜15:30
   ところ:衆議院第2議員会館 第8会議室
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット 

声明文詳細は添付をご覧ください。

 武田隆雄 拝

「平和をつくり出す宗教者ネット」事務局
〒150-0045 渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内
TEL 03-3461-9363
FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com



10月10日情報
ご案内いたします。

---------- Forwarded message ---------

「御茶ノ水スタンディング――沖縄と連帯を――」のご案内
御茶ノ水駅前で沖縄と連帯する「ゴスペルの会」を毎月第3火曜日に行っています。この10月で3年目に入りました。
どなたも歓迎です。お待ちしております。

〇第25回 御茶ノ水スタンディング
日時:10月16日(火)18時~18時45分
場所:JR御茶ノ水駅前(御茶ノ水橋口・いつもの場所)

○第26回御茶ノ水スタンディング
日時:11月20日(火)18時~18時45分
場所:JR御茶ノ水駅前(御茶ノ水橋口・いつもの場所)
<呼びかけ人;富坂リトリート参加者有志>
秋山眞兄、荒瀬牧彦、唐澤健太、竹佐古真希、三村 修、与那城初穂、岡田 仁
お問い合わせ;富坂キリスト教センター
電話:03-3812-3852




10月10日情報
転送いたします。
添付をご覧ください。

---------- Forwarded message ---------

宗教者ネットの皆様

標記の件、情報提供させていただきます。合掌

 武田隆雄 拝

「平和をつくり出す宗教者ネット」事務局
〒150-0045 渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内
TEL 03-3461-9363
FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com




10月10日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

2018年度 社会問題とカトリック教会の考え 連続セミナー
年間テーマ:「キリスト者として日本社会の今を診断する」

今年度は、日本カトリック司教団から出された『いのちへのまなざし』増補新版をもとに、教会の社会問題についての考えに照らしながら、キリスト者として日本社会の今をご一緒に考えています。
『いのちへのまなざし』は、「すべての人が与えられたいのちを十全に生きることができるように」と願って発行されました。ともに学んでいけたら幸いです。

第8回
日時:10月17日(水)18:30~20:00
会場:イグナチオ教会 信徒会館3階 アルペホール
テーマ:信徒として環境と環境保護を考える
   ~『いのちへのまなざし』124~130頁参照~
講師:吉川 まみ(上智大学神学部准教授)
共催:麹町イグナチオ教会&イエズス会社会司牧センター
問合先:03-5215-1844 イエズス会社会司牧センター
参加費:無料、会場での寄付歓迎
※ 事前申し込み不要
※ セミナーの年間スケジュール:http://www.jesuitsocialcenter



10月10日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

みなさん、こんばんは。川崎から遠く離れた方へBCCで、送信しております。転送歓迎。昨日、川崎駅前で日本第一党のヘイト街宣がありました。私たち「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」も同時に少し距離を置いて抗議の広報と署名活動を行いました。騒然とした雰囲気でしたが、ビラの受け取りもよく、90分の間で112名の方が署名に応じてくれました。今後は2019年4月の統一地方選挙に日本第一党は各地で候補者を立て、公職選挙法の選挙活動の名を借りたヘイトスピーチを行う恐れがあります。川崎市は2019年度に包括的な差別禁止条例を制定する予定ですが、内実が問題です。統一地方選挙対策と、川崎で、実効性のある人種差別撤廃条例が採択されるように頑張ります。

なお、インターネットで、『川崎市ガイドラインの抜本的な見直しと人種差別撤廃条例の早期制定を求める署名活動』を行っています。ネット署名もchange orgからアクセスできますので、ご協力ください。〆切は10月14日です。10月2日現在、紙署名約12000筆、ネット賛同 7700人集まっています。前回の30,000人に届くようもうひと頑張りです。事務局:山田貴夫




10月5日情報
沖縄県知事選挙、玉城デニー氏の勝利、本当にうれしかったですね。
添付をご覧ください。

---------- Forwarded message ---------

宗教者ネットの皆様

標記の件、情報提供させていただきます。合掌

 武田隆雄 拝

「平和をつくり出す宗教者ネット」事務局
〒150-0045 渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内
TEL 03-3461-9363
FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com



10月3日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

“カンボジアのいま -2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする” 
~1993年UNTAC総選挙から25年、現在のカンボジア政治・人権状況を検証する~

【日時】 2018年10月13日(土)12:15-17:00(11:45開場、受付開始)
【会場】 上智大学四ッ谷キャンパス6号館3階301 
【使用言語】 日本語。 基調講演は英語で行います。(日本語翻訳配付)
【資料代】 一般1,000円/学生700円(カンボジア市民フォーラム会員は無料)
【お申込み】 カンボジア市民フォーラムのホームページ(www.pefocj.org)の参加フォームからお申込みください。*事前申込制

〈プログラム〉
・ 12:15   開会の辞: 丸井雅子所員(上智大学アジア文化研究所)
第一部
・ 12:30~ 基調講演: 「総選挙、政治・人権状況とこれからのNGO」トゥン・サライ氏(ADHOC)
・ 13:15~ 2018年「総選挙」前後の状況報告:
・ 13:40~15:20パネル・ディスカッション:「カンボジア政治状況と、日本の協力のあり方」
司会 宇井志緒利(フォーラム共同代表/立教大学教員)
杉浦正俊課長(外務省総合外交政策局人権人道課)
高橋智史氏(フォト・ジャーナリスト)
米倉雪子氏(昭和女子大学教員)
     佐藤安信(フォーラム世話人)
第二部 15:30-17:00 東南アジア、アジアの中のカンボジア
司会: 熊岡路矢(フォーラム共同代表/日本映画大学教員)
      浅見靖仁氏(法政大学教員 タイ政治)
中野亜里氏(大東文化大学教員 ベトナム政治)
ペン・セタリン氏(プノンペン大学教員。東南アジア文化支援プロジェクト代表)
佐藤安信(フォーラム世話人/東京大学大学院教員/元UNTAC人権担当官)
閉会の辞: 枝木美香事務局長(認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク)

【主催】カンボジア市民フォーラム 【共催】上智大学アジア文化研究所/認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
【撮影記録協力】 日本映画大学
【助成】公益財団法人庭野平和財団
【お問い合わせ】カンボジア市民フォーラム事務局 E-mail: pefocj@hotmail.co.jp
電話03-3834-2407(水曜日のみ対応可能)/FAX 03-3835-0519
ーーーーー
以上



10月 3日情報
お知らせいたします。

---------- Forwarded message ---------

■平和といのち・イグナチオ9条の会 発足10周年記念の集い
9条改悪の危機が完全に去り、会の役割が終わる時が早く来ればよいと思いつつ、私たちの集いもはや10年がたとうとしています。聖霊の力でこの歩みがさらにきよめられ力強くなるよう祈りたいものです。
今回の集いでは、聖イグナチオ教会出身のイエズス会司祭中井淳神父様のお話しをうかがいます。現在は山口県下関市の「イエズス会労働教育センター」所長として活躍中の神父様に、日ごろの活動と平和のかかわりについてお話しいただきます。「私は歴史の専門家ではないので、あくまでもキリスト者として向き合って来た体験からの話になると思います。特に現在の在日の人々との関わりが中心になる」とのことです。
また、今回は、イエスのカリタス会の「スモール・クワィヤー」が美しい歌声を披露してくださいます。お楽しみに!!

★日時:10月7日(日)13:30〜16:30
★場所:聖イグナチオ教会・ヨセフホール
★プログラム
13:30 開会
13:40 合唱 イエスのカリタス会「スモール・クワィヤー」
休憩
14:40 講話 中井 淳神父
「東アジアの和解と平和にキリスト者としてどう向き合うかーナショナリズムと記憶の闘いの時代に」
16:00 質疑応答
16:30 終了
*添付資料